外資系に転職するためには、英語が絶対に必要なのか?

外資系に勤めていると言うと、英語がペラペラなんですね?とよく言われます。

 

ただ、私自身、自分が英語がペラペラだとは思いませんし、ペラペラである必要は無いと思っています。

自分は英語屋ではないので…

ただ、一般論としては、喋れないよりは喋れたほうが、色々な可能性にチャレンジできるという事は間違いないです。
何事も、出来ないより出来た方が良い。これは英語にも当てはまります。

ただし、英語の自信がないために外資系への転職をあきらめている人がいるならば、ぜひ外資にチャレンジしてほしいと思います。

関連記事

一口に外資系と言っても、それぞれの企業の特色は様々で、一概に語る事はできません。 ただ、私が経験したアメリカ系企業とヨーロッパ系企業では、ある意味アメリカとヨーロッパの文化の違いや考え方の違いをよく表しているのではないかと思います。 そ[…]

今回は、外資系における英語の必要性について、ご紹介します。

勿論、私の経験した企業に関してですので、全ての外資系企業に当てはまるわけではありません。

ただ、買収も含め4社経験しているので、それほど間違ってはいないのではと思います。

 

英語に自信がなく、外資系への転職をためらっている人は、是非ご参考にしてください。

外資系における英語の必要性

英語が必要かどうかは職種や役職、与えられるロールにより異なります。裏を返すと、外資系であっても、必ず必要ということでもないと言うことができます。

それでは、英語が必要な場合と必要でない場合を見てみましょう。

英語が必要である場合

外資系企業では、Job descriptionにより、業務内容が明確に定義され、業務遂行に求められる能力も決められています。

その為、キャリアアップして出世していくのであれば、上のポジションになれば、本社との折衝が必要となるため、英語は必要となります。

ただし、「英語ができる=仕事ができる」と言う事ではありません。何を伝えるのか、それをどうロジカルに伝えるのかが問われます。

何を伝えるかが重要であって、内容が伴わなければ、どんな綺麗な英語を喋っても、誰も聞いてくれません。

これは日本語でも一緒です。そもそもビジネススキルがない人は、このようなポジションにつくことは無いので、英語が直接的なハードルでは無いと言えます。

TOEIC

ビジネスでの英語力の指標としてよく使われるTOEICですが、TOEICの点数と英語を喋れるというのは、直接はリンクしません。

TOEICの試験もコツがありますし、TOEIC用の試験対策をしないと、中々高得点は難しいです。逆に言うと、真剣に試験対策をする事で、ある程度の点数は取ることが出来ます。

この為、TOEICが700点ぐらいでも、ものすごく発言力のある人は沢山います。

TOEICも選択式の試験では、中々判定が難しいということで、SW(speaking & writing)があります。こちらの方は、実際に喋る、書く力が問われるため、ハードルが高いものになります。

私も一度トライしましたが、燦々たるものでした…

いずれにせよ、喋るからには、他の国の人に揉まれながら、いかに発言するのかが重要です。

国民性の違いから、日本人は中国やインドなど、他のアジア諸国の人と比べて、非常に静かです。

その為、英語の力はあるのに、会議で全く発言出来ないなんて事もあります。

e-mailやレポートの英語

要点をいかに簡潔に伝えるのか?が重要となります。

その為、長い文章をゴチャゴチャと書く必要はありません。色々説明した方が分かりにくい場合もある為、ロジカルに簡潔に文章を書く能力が問われます。

日本語のメールやレポートでは、敬語や定形の挨拶文など内容の他、色々と気を使わないといけない為、慣れると英語の方が日本語より簡潔で描きやすいというのが、私の意見です。

英語の必要ない場合

一方、外資系であっても、英語が全く必要のない場合もあります。

もしあなたが、国内マーケットに精通したスペシャリストであった場合、英語は必要ではありません

そこまで大袈裟では無くても、あなたが非常に優れた営業マンであっても同様です。

英語より何より、国内で商売をしていく為には、国内マーケットを熟知した人材が必要です。外資系企業もこの事はよく理解しており、英語が喋れないからと言って、採用しないという事はありません。

あなたが国内マーケットに精通した人材であれば、例え英語が下手でも、外国人は貴方の話を聞きに来ます。

「この人の話が聞きたいと思われる人材となる」

こっちの方が、英語をマスターするよりも大変かもしれませんが…

英語の専門家は要らない

以上、外資系企業における英語の必要性について説明してきました。

英語が必要な場合、必要出ない場合について説明しましたが、この2つは実は同じ事を言っています。

それは、外資が求めているのは、英語のスペシャリストではない、と言うことです

転職活動を勧めていくにあたり、自分の市場価値について考えていると思います。

そこには、外資系だからとか、国内企業だからといった区別はほとんどありません。

必要なのは、ビジネススキル。

その意味では、国内企業も外資系企業も、転職マーケットで求められている事に大きな違いはありません。

英語が話せる事でチャンスが広がるのは間違いありません。

ただ、英語が喋れないからと言って、外資系への転職を諦めているにであれば、恐れることはありません。
是非外資系にチャレンジしてみて下さい!

Goody GOODS

現役外資系社員の筆者が、外資系に転職を考えている人達に向けて、外資系のメリット・デメリットについて説明します。英語は必要…

Goody GOODS

JACリクルートメントを使った方が良い人はどんな人なのか?実際に行って、話を聞いてきました!…

最新情報をチェックしよう!